編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

W-SIM

用語の解説

W-SIMとは

(W-SIM)

 ウィルコムのPHS通信機能をモジュール化したカード型製品。

様々な製品に無線通信機能を追加することができる。

 サイズは縦42.0×横25.6×厚さ4.0mm、重量10g弱で、短辺の片方の端に接続端子を備える。 アンテナを内蔵し、ウィルコムのPHS通信サービスを利用した回線交換通話とパケット通信が可能で、最大128kbpsの通信が可能。 無線通信機能と無線通信インフラの両方を同時に提供する製品で、自ら通信技術を持たないメーカーでも簡単に通信機能を持った製品を開発できるようになる。 モジュール化されているため、将来高速な通信技術が登場した際にも、W-SIMを差し替えるだけで性能を向上させることができる。

 同社では従来から無線通信の需要のあったコンピュータ製品やデジタル家電だけでなく、自動車や白物家電、玩具、医療機器、産業機械などに無線通信を組み合わせることにより、新たな用途を開拓したい考え。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]