編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WAP 2.0

用語の解説

WAP 2.0とは

(WAP2.0)

 WAP Forumによって策定された、携帯電話や腕時計などの携帯端末用の通信プロトコル。

従来のWAPでは独自プロトコルを利用してきたが、WAP 2.0ではTCP/IPを中心とするインターネット技術を全面的に採用している。 WAP 2.0ではNTTドコモのiモードと同様、TCP/IPベースのプロトコルを使用するほか、コンテンツ記述言語も独自開発のWMLから、XHTML BasicにWML 1.2を統合したWAE 2.0に変わる。 これにより、WAP 2.0ではiモードで利用されているCompact HTMLを包含することになり、WAP 2.0対応のブラウザであればiモード用コンテンツも閲覧できることになる。 現在、NTTドコモはiモードサービスへのWAP 2.0の採用を検討している。 また、KDDIは、同社の携帯電話向けサービスEZwebでの採用を既に表明している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]