編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

WF

用語の解説

WFとは

(Windows Workflow Foundation)
WFとは、Windowsでワークフローを作成するための技術基盤の名称である。
「WWF」と略記されることもある。 WFによって、Microsoft .NET Frameworkなどによるアプリケーションの実行手順を示すワークフロー(システムワークフロー)や、ビジネスや人的作業の段取りを示すワークフロー(ヒューマンワークフロー)、あるいはシステムワークフローとヒューマンワークフローを統合した形式のワークフローなどを容易に作成することが可能となった。 これによってアプリケーション開発や業務推進の効率化を図ることができる。 WFは、.NET Framework 3.0(WinFX)のコンポーネントの一部となっており、Windows Vistaにおいて初めて搭載された。 ただし、WFは.NET Framework 2.0をサポートするWindowsでも動作可能であるため、Windows XPやWindows Server 2003上でも運用が可能である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]