編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WFC

用語の解説

WFCとは

(ダブリューエフシー,)
WFCとは、Windows用のアプリケーションをJavaで開発するために用意された、オブジェクト指向のクラスライブラリのことである。
Microsoftが提供していた。 WFCでは、MicrosoftのJava仮想マシンに備わっているJ/Direct機能を利用し、Win32のAPIや、DHTMLのプログラミング用APIをカプセル化し、JavaからWindowsのシステムレベルの機能にアクセスすることを可能としていた。 Javaの統合開発環境であるVisual J++ 6.0との密接な連携によって、Windows用の高度なアプリケーションを効率的に開発することができる。 なお、WFCはWindowsに特化されたクラスライブラリであるため、標準的なJavaのプログラムが実現するクロスプラットフォーム性は持たなくなる。 他面、Java仮想マシンで利用されるクラスファイルの他に、ネイティブコードで出力することも可能となっている。 なお、WFCが実装されたVisual J++の後継となる統合開発環境であるVisual J#では、Java仮想マシンに替わって.NET Frameworkが採用されている。 ちなみに、よく似た言葉としてMFC(Microsoft Foundation Classes)があるが、MFCはVisual C++で用意されているクラスライブラリのことである。 Sun MicrosystemsがGUIの構築用に提供しているクラスライブラリはJFC(Java Foundation Classes)と呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]