編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WMF

用語の解説

WMFとは

(WMF)

 Microsoft社のWindowsが標準でサポートしているベクター画像のファイル形式。

Windowsのグラフィック描画プログラムであるGDIを制御する描画命令が書き込まれており、線分や矩形、円弧、テキストの描画などが行なえる。 Windows 1.0からサポートされている古い形式で、Windows 95以降ではこれを拡張したEMF(Enhanced Meta File)形式が採用されている。

 2005年末、WMF形式のファイルを処理するWindowsのプログラムの一部にセキュリティ上の脆弱性が発見され、WMF画像に埋め込まれた任意のコードが実行される恐れがあることが判明した。 「画像を閲覧するだけで感染するウイルス」の開発を可能とする深刻な脆弱性で、前代未聞の事態として世間を騒がせた。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]