編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WSDM

用語の解説

WSDMとは

(ウィズダム,)
WSDMとは、Webサービスで用いられるハードウェアやソフトウェアを管理するための統一的インターフェースの仕様のことである。
XML関連技術の標準化団体であるOASISによって、2005年3月に承認された。 WSDMは、Webサービスを管理・運営する際に必要となる様々なリソースの集中管理を目的としている。 WSDMを利用することによって、様々な種類のサービスが複雑に絡み合ったシステムを一手に管理することができる。 WSDMは、2006年5月には、オープンソースのサーバーソフトウェア「Apache」などを開発しているApache Software Foundationに無償で技術供与されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]