編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WYSIWYG

用語の解説

WYSIWYGとは

(ウィジウィグ,)
WYSIWYGとは、コンピュータのユーザーインターフェース(UI)に関する基本概念のひとつで、パソコンの画面に表示された内容を、見ている通りの状態で、プリンターなどに出力できるという概念のこと、あるいはそれを実現する機能のことである。
WYSIWYGをフルスペルで表記すると「What You See Is What You Get」となる。 直訳すれば、「あなたが見ているもの、それがあなたの手にするものである」というほどの意味になる。 例えばワープロソフトの「印刷イメージ」画面などはWYSIWYGであり、フォントや文字サイズなどの変更を画面上に加えれば、その変更が印刷物においても反映されることになる。 WYSIWYGはグラフィックユーザーインターフェース(GUI)によって実現可能となった理念のひとつある。 WYISIWYGはApple社によって提唱され、Macintoshによって実現し、その後Windowsなどにも採用された。 以来、大半のコンピューターにおいて不可欠な要素であるとして重視されている。 デスクトップパブリッシング(DTP)などは、ほとんどWYSIWYGの上に成立しているといえる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]