編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Webアクセラレータ

用語の解説

Webアクセラレータとは

(Webアクセラレータ)

 Webページの表示を高速化する装置。

Webサーバの処理能力や帯域幅による制限を緩和することで、表示までの待ち時間を短縮する。

 ただし、元々のサーバや帯域の限界を越えて高速化できるわけではなく、高速化よりも「遅くなっていた状態を元に戻す」と言った方が実状に近い。

 Webサイトへの訪問者が増え、サーバへの要求が増大すると、Webサーバの処理能力を越えてしまうことがある。 こうした場合、クライアントはデータを受信できるまで待たされることになるが、その待ち時間を短縮するのがWebアクセラレータの役割である。

 大半のWebアクセラレータはキャッシュサーバの機能を持っており、対象のサーバのデータを自分の中にコピーしている。 Webサイトを訪問したクライアントからの要求は状況に応じてサーバとWebアクセラレータとに割り振られ、結果としてサーバへの負担は減少するわけである。

 また、単純なキャッシュ機能だけでなく、画像の変換やコンテンツの圧縮なども行なう機種も存在する。

 一般にインターネットではWebページが表示されるまでの待ち時間は8秒が限度(俗に「8秒ルール」と呼ばれる)と言われており、Webページのファイルサイズが十分小さいにも関わらず読み込みに8秒以上の時間がかかる場合には、Webアクセラレータの導入やサーバの強化などを考えた方がよいとされる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]