編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Webコンテンツフィルタリングソフト

用語の解説

Webコンテンツフィルタリングソフトとは

(Webコンテンツフィルタリングソフト)

 Webページの内容をチェックし、有害と思われるページへのアクセスを防止するアプリケーションソフト。

 フィルタリングの方法は様々で、主な手法には「特定の語句を含むページへのアクセスを遮断する」「手作業で有害なサイトのブラックリストを作成する」「手作業で無害なサイトのリスト(ホワイトリスト)を作成」などがある。

 学校のパソコンに導入して児童・生徒が不適切なWebサイトを閲覧できないようにしたり、家庭のパソコンで親が子どもの閲覧するサイトを制限したりするのに使われている。

 パソコンに組み込んで使う単体の専用アプリケーションソフトもあるが、プロキシサーバの機能の一部としてサービスの形で提供されるのが一般的である。 プロキシの形だと、Webブラウザ側で対応がない場合でもフィルタリングを行なえるというメリットがある。

 Webブラウザのシェア9割以上を占めるMicrosoft社のInternet Explorerにもフィルタリングサービスを利用するためのクライアント機能が内蔵されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]