編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Webセーフカラー

用語の解説

Webセーフカラーとは

(ウェブセーフカラー,web safe colors,)
Webセーフカラーとは、OSやハードウェアなどの閲覧環境に関係なく、正しく表示できる216色のことである。
1994年にNetscape Communicationsが、同社のWebブラウザであるNetscape Navigatorでの表示が一定であると保証した事を端緒としている。 Webセーフカラーは、Webサイト上の色を赤、緑、青のRGB値をそれぞれ6段階に分割し、16進数で「0」、「3」、「6」、「9」、「c」、「f」を組み合わせたものと規定されている。 通常、ブラウザではシステムパレットの色を参照して表示する仕組みになっているが、もし、システムパレットにない色が指定されていた場合は、色を書き換えて違う色で表示してしまう。 そのため、Webサイト制作者の意図と違う見え方になってしまうことがある。 そこで、WindowやMacintoshなどのシステムパレットで共通に使用されている216色がWebセーフカラーと指定された。 Webセーフカラーを使ってWebサイトを制作すれば、そのような危険性がないということから、「セーフ」と名付けられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]