編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Webレスポンス測定サービス

用語の解説

Webレスポンス測定サービスとは

(Webレスポンスソクテイサービス)

 Webサーバがクライアントからの要求に応答するまでの時間を測定するサービス。

 一般的なユーザを想定した環境から顧客のWebページを訪問し、画面が表示されるまでにかかる時間やCGIの応答が返ってくるまでの時間などを測定する。 ほとんどの場合、測定はプログラムが自動的に行ない、一日に何度も測定を行なって時間帯による表示時間の変化なども知ることができる。

 インターネットでは以前から「8秒ルール」として、表示に8秒以上の時間がかかるWebページは改善すべきであると言われているため、こうしたサービスを利用してユーザに快適な環境を保っておくことは顧客確保の観点からも重要だとされている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]