編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Welchia

用語の解説

Welchiaとは

(Welchia)

 2003年8月中旬に猛威を振るった、Windowsに感染するコンピュータウイルス「Blaster」の亜種。

オリジナルのBlasterを駆除し、対策パッチを当てるという変わった挙動をする「親切な」ウイルス。

 Welchiaは感染対象のIPアドレスにpingを放ち、コンピュータの存在を確認すると、Blasterが利用するWindowsの脆弱性「MS03-026」を利用して侵入を試みる。 Blasterが使わない「MS03-007」脆弱性も利用する。

 Welchiaはコンピュータに感染すると、Windowsのシステムフォルダの「wins」フォルダに、自身の複製を「DLLHOST.EXE」、TFTPサーバ機能を「SVCHOST.EXE」としてコピーし、レジストリを改変してWindowsの起動時に自動的にこれらが実行されるよう設定する。

 感染したコンピュータでBlasterワームが実行されていると、これを強制終了し、Microsoft社が提供している修正パッチをダウンロードして適用し、コンピュータを再起動する。 ダウンロードするパッチは英語版や韓国語版、中国語版で、日本語版は含まれない。 また、2004年になると自動的に停止するようプログラムされている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]