編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Win32s

用語の解説

Win32sとは

(ウインサンジュウニエス)
Win32sとは、16ビットOSのWindows 3.1上で、Windows NTのようなWin32ベースに作成された32ビットアプリケーションを動作させるよう拡張するシステムのことである。
Windows 3.1は、Win32の実行ファイル形式であるPE形式を理解するように設計されている。 Win32の32ビットコードから、Windows 3.1の16ビットコードを呼び出せるように、あるいは、逆に16ビットから32ビットへサンクの仕組みを構築して実現している。 Win32sは、Windows NTを必要とする32ビットアプリケーションの開発と流通の促進を図るため投入されたとされる。 ちなみに、Win32sの末尾のsはsubset(部分集合)の頭文字である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]