編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WinChip C6

用語の解説

WinChip C6とは

(WinChipC6)

 IDT社(当時)の子会社Centaur Technology社が1997年5月に発表したx86互換マイクロプロセッサ(MPU)。

コア部分はRISC方式になっており、x86用の命令をRISC命令に変換して実行する。 内部構造を極力単純化し、最少の部品でチップを構成しているため、各社の競合プロセッサより安価で消費電力が低い。 Intel社のマルチメディア拡張命令セットのMMXにも対応している。 外部とのインターフェースはPentiumやMMX Pentiumなどと同じSocket7である。 クロック周波数は180,200,225,240MHzの4種類がある。 1999年8月、Centaur社は台湾VIA Technologies社に売却された。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]