編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows 3.x

用語の解説

Windows 3.xとは

(ウィンドウズサンテンエックス,Microsoft Windows 3.x,Win3.x,ウィンドウズ3.x,Windows 3.0,Windows 3.1,Windows 3.11,Windows 3.2,)
Windows 3.xとは、Microsoftが1990年代初期に発売したオペレーティングシステム(OS)であるWindows 3.0、Windows 3.1などの総称である。
米国では、Windows 3.0は1990年に、同じくWindows 3.1は1992年に発売された。 日本においては、Windows 3.0が1991年、Windows 3.1が1993年に発売されている。 Windows 3.xには、その他Windows 3.1のマイナーバージョンアップ版であるWindows 3.11や、中国語版であるWindows 3.2などを含むことがある。 Windows 3.xは、MS-DOSの機能拡張のような位置付けの製品として登場した。 Windows 3.xを実行するにはMS-DOSが必要となる。 Windows 3.xでは、仮想メモリ技術の搭載により、ノンプリエンプティブマルチタスクとしてではあるが、アプリケーションを複数同時実行することが可能となっている。 また、Windows 3.1では、音声や映像などのマルチメディアに対して標準で対応した。 Windows 3.xに続き、1995年に登場したWindows 95により、WindowsはPC向けのOSとして一気に普及した。 なお、MicrosoftによるWindows 3.xの製品サポートはすでに終了している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]