Windows Embedded Standard 7

用語の解説

Windows Embedded Standard 7とは

(ウィンドウズエンベディッドスタンダードセブン,Microsoft Windows Embedded Standard 7,Windows Embedded Standard 2011,ウィンドウズEmbedded Standard 7,)
Windows Embedded Standard 7とは、Microsoftの組み込み機器向けOS「Windows Embedded」シリーズのうち、Windows 7をベースに開発されたバージョンである。
2010年に発表された。 Windows Embedded Standard 7は、Windows Embedded Standard 2009の後継製品として開発された。 Windows 7に搭載されているAero、SuperFetch、ReadyBoost、BitLocker、Windows Defender、Windowsタッチなどの機能が新たにサポートされており、PC向けOSのWindows 7用のアプリケーションおよびデバイスドライバが動作する。 このためWindows 7で利用できるアプリケーションを実行する高度な組み込みシステムを開発することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]