編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows Live メッセンジャー

用語の解説

Windows Live メッセンジャーとは

(ウィンドウズライブメッセンジャー,Windows Live Messenger,)
Windows Live メッセンジャーとは、Microsoftが提供しているインスタントメッセージング(IM)サービス、または、そのためのソフトウェア(インスタントメッセンジャー)の名称である。
Windows Live メッセンジャーは、これまでMicrosoftから提供されてきたIMサービスである「MSN メッセンジャー」の後継となるサービスである。 従来のインスタントメッセンジャーの多くが、もっぱらテキスト情報をやりとりするものであったのに対して、Windows Live メッセンジャーでは写真の共有と同時再生、音声通話、映像通話などを可能としている。 また「共有フォルダ」機能があらかじめ利用可能となっており、登録されたグループ間で写真などのファイルを手軽に共有できるようになっている。 Windows Live メッセンジャーはWindows Liveの主要サービスの一つとして提供されており、他のサービスとの密接な機能連携が図られている。 例えば、Windows Live メッセンジャーのウィンドウ内からLive Searchを用いたWeb検索が可能であったり、Windows Live Hotmailにおける新着メール受信の通知を受け取ることが可能であったり、といった連携が実現されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]