編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Windows Live Hotmail

用語の解説

Windows Live Hotmailとは

(ウィンドウズライブホットメール,Live Hotmail,)
Windows Live Hotmailとは、MicrosoftがWindows Liveのサービスの一つとして提供しているWebメールの名称である。
2007年5月に発表された。 Windows Live Hotmailは、従来よりMSNで提供されてきたWebメール「MSN Hotmail」の次世代版として登場した。 Windows Live Messengerをはじめとする他のWindows Liveサービスとの密接な機能連携、色分けによるセキュリティレベル識別機能などを備えたメールフィルタリング機能などが特徴となっている。 メールボックスの容量は、当初2GB(ギガバイト)用意され、同年9月に最大5GBへと拡張されている。 Windows Live Hotmailのユーザーインターフェースや操作性は、Microsoft Outlookに近く、違和感なく扱えるように工夫されている。 Webメールでありながら、プレビューウィンドウで手軽にメッセージ内容を確認したり、ドラッグ&ドロップによってメールの振り分けを行ったり、あるいは、右クリックでコンテキストメニューを表示させ、選択した項目に対応した操作メニューを表示させたりして、デスクトップ上で実行するメールクライアント(メールソフト)のような操作を実現している。 Windows Liveで提供されているメールクライアント(メールソフト)である「Windows Live メール」では、Windows Live Hotmailをオフラインで編集したり、他のプロバイダのメールと一緒に管理したりすることができる。 また、「Outlook Connector」ツールを導入すると、Outlookと連携させ、Outlook上でWindows Live Hotmailにおけるメールの閲覧・管理を行うことができるようになる。 2007年9月に発表されたマイナーバージョンアップ版では、メールボックスの容量が5GBになった他、不在時の自動返信機能や、アドレス帳へ同一人物を重複登録しないよう自動的にチェックする機能などが追加されている。 Windows Live Hotmailは、無料でアカウント登録ができる。 従来のMSN Hotmailのアカウントを持っていれば、そのままWindows Live Hotmailに引き継いで使用できる。 なお、有償オプションで提供されている「Windows Live Hotmail Plus」では、通常の2倍のメールボックス容量を使用できたり、受信したメールをWindows Live Hotmail以外の任意のメールアカウントに自動転送する機能などが利用できる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]