編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows NT系

用語の解説

Windows NT系とは

(ウィンドウズエヌティーケイ,Windows NT系OS,ウィンドウズNT系,NT系,Windows NT Architecture,)
Windows NT系とは、Microsoftが開発したオペレーティングシステム「Windows NT」のアーキテクチャの流れを汲むOSの総称である。
Windows 9x系との対比においてこの呼び名が用いられることが多い。 Windows系は、2000年までは、Windows NTと、Windows 95やWindows 98などに代表されるWindows 9xという、アーキテクチャの異なる2つのシリーズが平行して開発されていた。 Windows XPの登場により、Windows NTとWindows 9xは、Windows NTをベースとしてひとつに統合されたという経緯がある。 1993年に米国で発売されたWindows NT 3.1に始まり、Windows 2000までバージョンアップされた一連の製品は、単にWindows NTと総称されることが多い。 Windows 9xなどとの引き合いで特にOSのアーキテクチャに着目して語られる場合は、Windows NT系と呼ばれることが多い。 2000年から2008年7月現在までの間に登場している、主なWindows NT系のOSとしては、Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]