編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Windows NT

用語の解説

Windows NTとは

(ウィンドウズエヌティー,Microsoft Windows NT,ウィンドウズNT,)
Windows NTとは、Microsoftが主に業務用途向けのオペレーティングシステム(OS)として開発した製品の名称である。
最初のバージョンは米国では1993年に発売された。 Windows NTは、それまで発売されたWindows 3.xや、その流れを汲むWindows 9xなどとは異なり、OSのアーキテクチャ自体が新規に設計されている。 Windows NTは、Windows系OSでは初めて完全な32ビット対応となっている他、プリエンプティブマルチタスクや、x86アーキテクチャー以外のCPUでも動作可能という高い移植性などが実現されている。 Windows NTは、Windows 3.1と同じユーザーインターフェースを持ったWindows NT 3.1として初めて登場した。 その後、Windows NT 3.5、Windows NT 4.0、Windows 2000とバージョンアップしていった。 単にWindows NTといえば、通常はこれらのバージョンの総称として用いられる場合が多い。 また、Windows 9x系のアーキテクチャと対比する場合には、特にWindows NT系OSと呼ぶ場合が多い。 Windows NTとWindows 9xは、Windows XPにおいて統合され、それまでの並走状態から一本化が図られた。 それ以降の、Windows Server 2003やWindows Vistaなどでは、Windows NT系のアーキテクチャをベースとしているとされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]