編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows Powered NAS

用語の解説

Windows Powered NASとは

(WindowsPoweredNAS)

 制御OSにWindowsを採用したNAS(ネットワーク接続ストレージ)製品。

Windows 2000ベースの製品とWindows Server 2003ベースの製品がある。

 Windows 2000以降のサーバ向けWindowsには、単機能サーバ(サーバアプライアンス)向けに機能を絞り込むカスタマイズツールや、こうした製品向けの機能限定版が用意されている。 これを利用してOSにWindowsを組み込んだNASをWindows Powered NASという。

 NASとはファイルサーバ機能のみを持った単機能サーバに大容量のハードディスクを組み込んだ製品で、「ネットワークに直接接続された記憶装置」というコンセプトの製品。 OSには専用のOSやLinuxなどのフリーUNIXが使われることが多いが、WindowsベースのNASはWindowsネットワークとの親和性が高く、Windowsのファイルシステムが備える機能が利用できるなどの利点がある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]