編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows Server 2003

用語の解説

Windows Server 2003とは

(WindowsServer2003)

 2003年4月(日本語版は6月)に発売された、Microsoft社のサーバ向けOS。

同社のWindows 2000 Serverシリーズの後継製品。

 開発コードネームは「Whistler」で、Windows XPと同じ。 Windows XPのサーバ版とも言える製品で、従来なら「Windows XP Server」と命名されるところだが、デスクトップ向けOSとサーバ向けOSはブランド名を分けるという同社の戦略から、異なる名称となった。

 大規模高信頼性サーバ向けの「Datacenter Edition」、普及型マルチプロセッササーバ向けの「Enterprise Edition」、ローエンドサーバ向けの「Standard Edition」、ローエンドWebサーバに特化した「Web Edition」4種類がある。 Datacenter EditionとEnterprise EditionにはIntel社のIA-64アーキテクチャ(Itaniumプロセッサなど)に対応した64ビット版も用意される。

 Windows Server 2003では、Windows 2000発売後に提供されたWebサービスの実行環境の「.NET Framework」が標準搭載された。 WebサーバソフトのIISは、デフォルト設定がより安全な設計に変更されるなどセキュリティが強化され、また、.NET Framework導入に伴いASP.NETが最初から組み込まれている。 他にも、Active Directoryのパフォーマンス向上や、グループウェアのSharePoint Portal Serviceの搭載などが特筆される。

 Datacenter EditionやEnterprise Editionでは、大規模システム向けの機能追加やチューニングが施されている。 8プロセッサ以上のマルチプロセッサ構成のサポートや、8ノードのクラスタリングおよび負荷分散機能、Itaniumなどの64ビットマイクロプロセッサへの対応、動的なメモリの追加、NUMAによるメモリアクセスなどである。

 Web Editionはホスティングサービスなどで利用されることを想定したWebサーバに特化したエディションで、ファイル共有などLANで必要とされる機能が省略されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]