編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows x64 Edition

用語の解説

Windows x64 Editionとは

(Windowsx64Edition)

 Windowsの64ビットマイクロプロセッサ対応版の総称。

サーバ向けの「Windows Server 2003 x64 Editions」やデスクトップ向けの「Windows XP Professional x64 Edition」などがある。 価格はそれぞれの32ビット版と変わらない。

 Intel社がPentium 4シリーズやXeonシリーズに搭載している「EM64T」やAMD社がAthlon 64シリーズやOpteronシリーズに搭載している「AMD64」などの64ビット機能は、OSが対応していないと真価を発揮することができない。 このため、Microsoft社は同社の既存のWindows製品ラインに64ビット拡張を施した製品群を開発した。 これがWindows x64 Editionである。

 32ビット向けのアプリケーションソフトはほとんどがそのまま動作するが、こうした既存ソフトの動作速度が劇的に向上するということはない。 64ビット機能を活かすには各ソフトでも対応や最適化が必要となるためである。 ソフトの側で対応がされれば、広大なメモリ空間にアクセスする必要のあるデータベースソフトなどが特に恩恵を受けると言われている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]