編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windowsタッチ

用語の解説

Windowsタッチとは

(ウィンドウズタッチ,Windows Touch,)
Windowsタッチとは、Windowsをタッチ操作によって操作できる機能のことである。
Windows 7などに搭載されている。 Windowsタッチは、タッチスクリーンなどの対応装置を接続することで利用可能となる。 キーボードやマウスを利用する場合に比べて、画面上のアイコンを直接指し示すようにして直感的に操作できるというメリットがある。 また、Windowsタッチはマルチタッチの入力方式に対応しているため、複数の指を使った画面のズームインやズームアウト、写真などの回転といった操作ができる。 Windows 7でWindowsタッチを利用するよう設定すると、アイコンやメニューを指先で選択しやすいように、アイコンのサイズが大きめに表示されたり、メニューの間隔が広がる。 感度の設定などはコントロールパネルの「ペンとタッチ」項目で変更できる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]