編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Wireless USB

用語の解説

Wireless USBとは

(WirelessUSB)

 パソコンと周辺機器の接続に使われるUSBの通信に無線を利用した規格。

 通信方式にUWBを使い、機器間の距離が3m以内なら有線のUSB 2.0と同等の480Mbpsでの通信が可能で、10m離れていても110Mbpsを確保する。 有線USBと同様に1台のパソコンに最大127個の機器を同時に接続できる。

 UWBは搬送波を数GHz幅の極めて広い周波数帯に拡散して送受信を行なう無線通信方式で、それぞれの周波数帯に送信されるデータはノイズ程度の強さしかないため、同じ周波数帯を使う無線機器と混信することがなく、消費電力も少ないという特徴がある。

 Wireless USBの規格化は2004年2月に結成された業界団体Wireless USB Promoter Groupが推進してきたもので、2005年5月に最初の標準規格が策定された。 同グループにはIntel社やMicrosoft社、NECなど、パソコン関連メーカーやUSB機器大手が参加している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]