編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WorkPad z50

用語の解説

WorkPad z50とは

(WorkPadz50)

 IBM社のハンドヘルドPC。

Palm OSを搭載したWorkPadの他のモデルよりも一回り大きく、同社のノートパソコン「ThinkPad」シリーズに似た外観を持つ。 OSにはMicrosoft社のWindows CEが採用されており、ノートパソコンとPalm OSベースのWorkPadの中間に位置する製品と言える。 重量は約1.2kg。 8.2インチの液晶ディスプレイ(VGA表示)を備え、CPUにはNEC製の131MHzのMIPSプロセッサを採用し、16MBのRAM、20MBのROM、33.6Kbpsのモデム、スピーカ、マイクを搭載している。 内蔵のリチウムイオンバッテリーは1回の充電で約8時間使用できる。 赤外線によるWorkPad同士、もしくはノートパソコンとWorkPadのデータ通信も可能。 アプリケーションソフトとしては、Microsoft社のWindows CE用のオフィスソフト「Pocket Office」が付属している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]