編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

X.509

用語の解説

X.509とは

(X.509)

 電子鍵証明書および証明書失効リスト(CRL)の標準仕様。

ITU(国際電気通信連合)が1988年に勧告した。

 現在広く用いられているのは1996年に勧告された X.509v3で、これは証明書に拡張領域を設けて、証明書の発行者が独自の情報を追加できるようになっている。

 X.509v3は電子証明書は公開鍵のバージョン番号、証明書のシリアル番号、公開鍵情報、証明書を発行した認証局情報、証明書の有効期間、証明される主体者の情報、拡張領域といった項目で構成される。 拡張領域には電子メールアドレスやIPアドレスなどといった情報を用いることができる。

 X.509v3 はSSLやTLSなどといったインターネット上における暗号化、プライバシー保護の手段として様々な状況下で利用されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]