編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XAML

用語の解説

XAMLとは

(ザムル,ザメル,)
XAMLとは、Microsoftによって開発された、アプリケーションソフトのユーザーインターフェースを記述するための言語仕様のことである。
XAMLはXMLをベースとしたマークアップ言語であり、例えばHTMLがWebページの構造を定義するように、アプリケーションの外観やボタン配置などを設定することができる。 XAMLはMicrosoft .NET 3.0をベースとして構築されているため、アプリケーションの他の機能との連携も図れ、開発もC#などに比べると容易であるという利点がある。 XAMLは概観の配置を設定するだけでなく、ベクタグラフィックスによる描画にも対応しており、ウィンドウのサイズへ合わせた画像を、ウィンドウの大小に合わせて、画質を劣化させることなくサイズ変化させたり、あるいは回転して表示させたりすることができる。 映像やアニメーションなどの動画像や、3DCGなども扱えるようになっている。 なお、XAMLのサブセットとして、電子文書のフォーマットであるXPS(XML Paper Specification)が登場している。 ちなみにMozilla FirefoxやMozilla Thunderbirdでは、MicrosoftのXAMLに相当する言語仕様として、「XUL」(XML User Interface Language)と呼ばれるXML系のプレゼンテーション言語が採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]