編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XGP

用語の解説

XGPとは

(eXtended Global Platform)
XGPとは、WILLCOMが開発した、PHS技術を発展させた次世代のワイヤレス・ブロードバンド通信の規格である。
XGPでは、従来のPHSで利用されてきたマイクロセルやTDD(時分割複信)、自律分散制御などの技術資産と、モバイルWiMAXと同じ2.5GHzの周波数帯域、変調方式のOFDMA(直交周波数分割多元接続)、アンテナ技術のMIMO(Multiple Input, Multiple Output)といった最新の無線通信技術を組み合わせることで、高速通信の実現を図っている。 マイクロセルによって基地局を高密度に配置し、周波数帯利用効率の高いTDDで通信を行うことで、輻輳を抑え、有線のブロードバンド通信にも匹敵する高速・かつ安定したデータ通信が実現するとされる。 また、XGPでは、マイクロセルと共にマクロセルやフェムトセルなどを混在させることも可能となっている。 カバー範囲の異なるセルを組み合わせることで、人口密度やエリア拡大、ユーザー拡大を考慮して柔軟なエリア構築が可能である。 WILLCOMは、次世代PHSの構想「WILLCOM CORE」の中核技術として「WILLCOM CORE XGP」を打ち出し、2009年4月に、一部地域でXGPの試験的サービスの提供を開始している。 発表段階での通信速度は上り・下りともに20Mbpsの速度が実現されている。 将来的には、100Mbpsの通信速度によるデータ通信、時速300kmで移動していても通信が維持できる、といった品質の実現が見込まれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]