編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XKMS

用語の解説

XKMSとは

(エックスケーエムエス,)
XKMSとは、暗号化技術の一種で、XMLをベースとして公開鍵基盤(PKI)の管理を行うプロトコルのことである。
XKMSは鍵情報の認証や管理仕様を規定しており、公開鍵の管理をサーバーサイドで処理することを可能にしている。 このため電子法取引のためセキュリティ管理を異なるアプリケーションで統一的に行うことができるようになっている。 XKMSはXKISS(XML Key Information Service Specification)とXKRSS(XML Key Registration Service Specification)の2つの仕様を含んでおり、XKISSで鍵情報の取得と検証を行い、XKRSSで鍵情報の登録や再発行などを行うようになっている。 XKMSは米Verisign社によって開発され、2005年6月にW3C勧告仕様となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]