編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XML Schema

用語の解説

XML Schemaとは

(XMLSchema)

 XML文書の構造を定義するスキーマ言語の一つ。

XML関連技術の標準を策定しているW3Cが標準化にあたっている。

 XMLは構造化文書を記述するマークアップ言語を作成するための「メタ言語」であり、XML自身は個々のタグの意味や関連性などを定義していない。

 実際にXMLを用いて文書を作成するためには、文書中でどのようなタグや属性が使われているかなど、具体的な構造を定義しなければならない。 これを行なうのが「スキーマ言語」と呼ばれる言語である。

 従来、XMLでは、元になったSGML規格で使われていたDTDと呼ばれるスキーマ言語を使っていた。

 しかし、データ型が定義できない点や文法がXMLと無関係である点など様々な欠点が指摘され、より強力でXML仕様と整合性のある言語の開発が待望された。

 W3Cでは、Microsoft社の「XML Data」やCommerceOne社の「SOX」などの提案を受け、1998年11月に新しいスキーマ言語としてXML Schema仕様の検討を開始した。

 しかし、業界の有力企業が仕様の策定に参加していることから、様々な仕様を取り込んで複雑化してしまい、標準化は難航している。

 XML Schemaの構文はXMLと同じで、データ型の定義や名前空間が扱えるなど、DTDにはない特徴を持っている。

 同様の技術には、XML Schema並みの記述性を兼ね備えていながらシンプルな構造の「RELAX」がある。 RELAXは日本発の技術として、国際標準化機構(ISO)の標準となることを目指している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]