編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XMLパーサ

用語の解説

XMLパーサとは

(XMLパーサ)

 XML文書を、アプリケーションソフトが利用しやすい形に変換するソフトウェア。

変換時に、XML文書が文法に照らして正確に記述されているかどうかを同時に検証する。

 XML文書はテキストファイルの形で存在するため、そのままソフトで利用することができない。 個々のソフトの中にXML文書を解釈するプログラムを持たせる方法もあるが、XMLは一定の形式が定められているため、汎用的な解釈プログラムであるXMLパーサによって変換したデータをソフトが使うようにした方が効率がよい。 アプリケーションソフトでXML文書を扱う場合には、直接XML文書を読むのではなく、XMLパーサを介するのが一般的になっている。

 IBM社の「XML Parser for Java」やMicrosoft社の「MSXML」などがよく知られており、中にはXMLの作成や編集の機能を持ったものもある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]