編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XMLプロセッサ

用語の解説

XMLプロセッサとは

(エックスエムエルプロセッサ)
XMLプロセッサとは、XML形式の文書やファイルから、テキストデータの部分だけを抜き出して、プログラムやアプリケーションソフトが利用しやすい形に変換するためのプログラム、またはソフトウェアのことである。
XMLの文書はXMLで独自に定義されたタグを利用して記述されているが、XMLプロセッサはこれを特定の形式に変換して出力することができる。 そこで、XMLプロセッサを利用すれば、XML文書を解釈したり変換したりするプログラムをアプリケーションの中に組み込んでしまう方式よりも、効率的にXML文書を扱うことができるようになる。 XMLプロセッサの代表的なものとしては、IBM社のJava用のXMLパーサライブラリである「XML Parser for Java」、Apache Software Foundationが提供するXMLパーサであるXerces、オラクルが提供するXMLパーサであるOracle XML Parser for Java、Microsoft社の「MSXML」などが挙げられる。 また、XMLをパースするためのプログラムの中には、XML文書の作成や編集、文法の検証などを行う機能を備えたものもある。 ちなみに、XMLプロセッサという言い方もあるが、一般的にはXMLパーサと呼ばれることの方が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]