編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XMLマスター:ベーシック

用語の解説

XMLマスター:ベーシックとは

(XMLマスター:ベーシック)

 XML技術者育成推進委員会が2001年10月に開始した、XML技術者の認定制度「XMLマスター」のうち、基礎レベルの知識を認定する資格。

 「XMLマスター」は特定企業の技術に偏らない標準的なXMLの技術力を評価する認定試験で、「ベーシック」では、XML自体やDTD、XSLT、XML Schema、XPath、DOM、Namespacesなどの基盤技術について、基本的な文法や構造についての知識が試される。 上位資格に「XMLマスター:プロフェッショナル」があり、DOMやSAXによるプログラミングや、Webサービスなど比較的高度な技術についての実践的な知識が試される。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]