編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

XMLマスター:ベーシック

用語の解説

XMLマスター:ベーシックとは

(エックスエムエルマスターベーシック,XML Masterベーシック,XML Master Basic,)
XMLマスター:ベーシックとは、XML技術者育成推進委員会が実施している、XML及びXML関連技術についての技術力を測る技術者認定制度「XMLマスター」のうち、基礎的な技術力を認定する認定資格のことである。
XMLマスターは2001年8月に開始された。 業務に活用出来る基礎的な技術力があることを認定する「XMLマスター:ベーシック」と、アプリケーションの開発やデータベースの分野において高度な技術力があることを認定する「XMLマスター:プロフェッショナル」がある。 XMLマスターは認定後に失効することがない制度となっている。 XMLの技術そのものが、策定以来大幅に仕様変更されていない規格であり、時代に左右されることが少なく長期的に活用できる技術である認定資格であるとされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]