編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XMLマスター

用語の解説

XMLマスターとは

(エックスエムエルマスター,XML master,)
XMLマスターとは、XML、およびXML関連技術における技術者を認定する制度のことである。
2001年10月から試験が開始された。 XMLマスターは、XML技術者育成の推進を目的として実施される技術者認定制度である。 XMLに関連するサービスを扱う際の技術レベルの指標にもなる。 2008年8月現在、実施されている試験の区分として、「XML Master:Basic」を中心に、「XML Master:Professional(アプリケーション開発)」、「XML Master:Professional(データベース)」の3つの試験がある。 なお、XML Master:Professionalに認定されるためには、あらかじめXML Master:Basicに合格している必要がある。 XMLマスターは、XMLを専業とするソフトウェア会社として日本で初めて登場したインフォテリア株式会社を中心に、ソフトウェア開発やソリューション事業などを行う国内企業6社を教育トレーニングパートナーとして発足した。 なお、複数のXML関連団体によって運営されている業界団体「XML技術者育成推進委員会」が、XMLマスターがベンダーニュートラルな資格であり、公正かつ適切に試験が実施されているかどうかについての審査、監督を請け負っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]