編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XML

用語の解説

XMLとは

(XML)
Extensible Markup Language。
拡張可能なマーク付け言語。 メタデータを用いてデータの記述ルールを定義可能な言語であり、SGML(Standard Generalized Markup Language)をウェブ向けに簡略化して改良したものである。 ウェブ向けの記述言語としてはSGMLのDTD(Document Type Definition、文書型定義)の1つであるHTML(Hyper Text Markup Language)があったが、HTMLは論文を表現するための仕様に過ぎず、簡単なアプリケーション画面を作る以上のことができなかった。 一方でXML文書はオブジェクト指向型データベースそのものであり、異機種間のデータ連携や、アプリケーション・プロトコルがやり取りするメッセージを記述する言語に向く。 現在のHTMLもまた、SGMLのDTDとしてではなく、XMLのDTDとして再定義されている。

  powered by. ZDNet Japan

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]