編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XOOPS

用語の解説

XOOPSとは

(ズープス,)
XOOPSとは、日本で開発されたオープンソースのコンテンツマネジメントシステムの名称である。
簡単な操作だけでコミュニティ系のWebサイトを手軽に構築することができるシステムとして知られている。 XOOPSでは、掲示板や検索機能、フォトアルバム、リンク集といった機能がモジュールとしてあらかじめ用意されてあり、好きな機能を選んで組み合わせることによってWebページを作成することができる。 HTMLなどの知識を必要とせずに一通りの機能を持ったコミュニティサイトを立ち上げることができるようになっている。 XOOPSに機能を追加するモジュールは、一般ユーザーからも作成・配布されている。 XOOPSはスクリプト言語のPHPやデータベース言語のMySQL、サーバーソフトのApacheといったオープンソースソフトウェアを用いて開発されており、XOOPS自体もGPLライセンスに基づくオープンソースソフトウェアとして無償で提供されている。 XOOPSの最初のバージョンは2001年にリリースされた。 2003年には次バージョンとなるXOOPS2が、また2005年には日本語向けの独自仕様であるXOOPS Cubeがリリースされている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]