編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XPath

用語の解説

XPathとは

(XPath)

 XML文書の中の特定の要素を指し示す記述方法を定めた規格。

W3Cが勧告した標準仕様で、XSLTやXPointerで使われる位置指定の記述方式を独立させたもの。

 ハイパーリンクなどに使われる人為的に付加されたアンカーによる指定とは異なり、XMLデータを表す木構造をたどって文書内のあらゆる要素や属性にアクセスする手段を提供する。

 基本的な記述の仕方はUNIXのファイルシステムに似ていて、文書木構造の頂点となるルートノードを「/」であらわし、以下、「/」で区切って要素をたどっていく。 a要素の中のbという値を参照するには「/a/b」と記述する。

 ノードのデータ型やノードの種類、名前空間(XML namespace)の扱いなどについても規定があり、これらを使用して条件式や演算などを含んだ複雑な位置指定を行なうこともできる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]