編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XScale

用語の解説

XScaleとは

(XScale)

 Intel社が開発した、インターネット機器向けのマイクロプロセッサの基本設計(マイクロアーキテクチャ)。

 ARM社が開発したARMアーキテクチャを基に改良を加えたもので、ARMの特長である小型・省電力を継承しながら、パイプライン拡張やマルチメディア命令の追加、分岐予測バッファの搭載によってマルチメディア機能を強化している。

 また、高速化も可能で、理論上は最大1GHzのクロック速度が出せるという。

 Intel社はパソコン以外の機器のプロセッサ市場への進出を睨んで、通信・アプリケーション・メモリをそれぞれブロック化することで開発の柔軟性強化を狙ったPCA(Personal Internet Client Architecture)を推進しているが、XScale技術はこの中で、アプリケーションを動作させるプロセッサとして重要な部分を占めることになる。

 Intel社は2002年2月にこの技術を採用したPDA・携帯電話向けプロセッサPXAシリーズを発表しており、同年5月頃から搭載機器が出回っている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]