編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

XScale

用語の解説

XScaleとは

(エックススケール,XScaleマイクロアーキテクチャ,)
XScaleとは、Intel社が2000年8月に発表した、携帯情報端末(PDA)などの小型インターネット機器向けの32ビットマイクロプロセッサの基本設計(アーキテクチャ)のことである。
XScaleは英国のARM社によって開発された「ARMアーキテクチャ」を土台に改良が加えられたものである。 ARMの特長である小型・省電力を受け継ぎながら、さらにパイプライン拡張やマルチメディア命令の追加、分岐予測バッファの搭載などによってマルチメディア機能が強化されている。 また、動作クロックも最高で400MHzに達するが、電力消費は他のプロセッサに比べて低い点も、XScaleの特徴となっている。 IntelはこのXScale技術を採用し、2002年2月に「PXA」シリーズとして発表している。 PXAはシャープのザウルスや東芝のGENIOに搭載されている他、携帯電話などにも採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]