編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Xbox 360

用語の解説

Xbox 360とは

(Xbox360)

 Microsoft社の家庭用ゲーム機。

北米では2005年11月、欧州と日本では2005年12月発売。 2001年(日本では2002年)に発売された「Xbox」の後継機。

 Xboxより若干小型の筐体はゲーム機の枠を越えて家庭におけるデジタルエンターテインメントの中核を担う端末として設計されている。 DVDやCDを再生する機能が標準で提供されるほか、USB端子でデジタルカメラやiPodなどの携帯音楽プレーヤーを接続することができる。 ネットワーク接続機能を使って同社のWindows XP Media Center Editionを搭載したパソコンと連携することができ、テレビ番組の録画再生やインターネットで流通するコンテンツを楽しんだりすることもできる。 ネットを使ってオンラインゲームをしたり他のゲーマーと交流することができるXbox LiveはXboxに引き続いて提供される。 ユニークな点としてはコントローラーがワイヤレスになっており、4台まで対応することができる(本体に同梱されるのは1台)。

 XboxではCPUにIntel社のPentium IIIが使われていたが、Xbox 360ではIBM社のPowerPCプロセッサのカスタムバージョンが採用された。 これは、3.2GHz駆動で2スレッド同時実行可能なコアを3基内蔵しており、6スレッドを同時実行できる。 グラフィックプロセッサ(GPU)にはXboxで使われていたNVIDIA社製チップに代わり、ライバルATI社のカスタムプロセッサが使われている。 これは10MBのメモリを内蔵した500MHz駆動のチップで、48基の浮動小数点演算器を内蔵する。 これらの高性能チップにより、システム全体のピーク演算性能は1TFLOPSに達し、毎秒5億トライアングルのポリゴンを描画できる。

 他の主な本体仕様としては、512MBのメインメモリ(700MHz DDR駆動)、外付け20GBハードディスク、12倍速DVD-ROMドライブ(2層ディスク対応)、64MBのメモリユニット、USB 2.0端子×2、メモリスロット×2など。 ネットワークインターフェースとしてはEthernet(100BASE-TX)端子を標準で備えるほか、オプションで無線LANアダプタ(IEEE 802.11a/b/g)に対応。 映像出力はすべてのゲームでワイド画面(縦横比16:9)とハイビジョン(HDTV)出力に対応している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]