編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Xeon 5600

用語の解説

Xeon 5600とは

(Intel Xeon 5600,Intel Xeon processor 5600,Xeon 5600番台,Xeon 5600 sequence,)
Xeon 5600とは、Intelが2010年3月に発表したサーバー向けのマイクロプロセッサである。
開発コード名は「Westmere-EP」だった。 Xeon 5600は32nm(ナノメートル)の製造プロセスが採用された、Nehalemアーキテクチャのマイクロプロセッサである。 最大で6コアを搭載する。 45nmプロセスで製造された同じNehalemアーキテクチャの「Xeon 5500」と比較すると、最大で60%程度のパフォーマンス向上が見込めるという。 Xeon 5500とはピン互換であるためサーバーの構成を大きく変更せずに対応可能であるというメリットがある。 Xeon 5600では、ファイルの暗号化パフォーマンスを向上させるための命令セット「AES-NI」(Advanced Encryption Standard New Instructions)、および、仮想化環境のセキュリティを強化するための命令セット「Intel TXT」(Intel Trusted Execution Technology)を新たに搭載している。 なお、Xeon 5600の発表と同時に、ワークステーション向けの「Xeon 3600」シリーズも発表されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]