Yellow Box

用語の解説

Yellow Boxとは

(イエローボックス)
Yellow Boxとは、Appleが開発していたオペレーティングシステム「Rhapsody」におけるオブジェクト指向を備えたAPI群のことである。
Mac OS Xで最終的にCocoaと呼ばれた。 Appleが、1997年に当時のNeXT Softwareを買収した後、OPENSTEPベースのRhapsody用にYellow Boxが開発されていた。 このRhapsodyが後に2001年3月に発売された。 当時、Appleは、OSとアプリケーションの間に、Yellow BoxというAPIレイヤを置き、Macintoshだけでなく、Windowsでも動作させるマルチプラットフォームを指向していた。 つまり、Yellow Box for Windowsを提供することで、OSの枠を超えた標準プラットフォームとする計画、YellowBoxの上で同じアプリケーションが動くようにする戦略だったとされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]