編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ZKIP

用語の解説

ZKIPとは

(ZKIP)

 「ゼロ知識証明」の略。

パスワードなど、本人だけが知っている秘密情報を使った認証において、秘密情報を知っていることを、秘密情報自体は送受信することなく証明する方法。 インターネットなどの開放型のネットワークでは、認証時にパスワードなどをそのままやり取りすると盗まれる危険性があるため、ZKIPが使われることがある。 具体的には、検証者が乱数と秘密情報から演算した結果を質問の形で証明者に送り、証明者が回答を検証者に送るというテストを何度も繰り返すことで行われる。 1回のテストでは秘密情報を知らない人が偶然パスする可能性があるが、何回も繰り返すことにより、確率的に本人である可能性を高めることができる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]