編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ZigBee

用語の解説

ZigBeeとは

(ジグビー)
ZigBeeとは、家電向けに策定された無線通信規格の名称である。
Honeywell、Invensys、三菱電機、Motorola、Philips Electronicsの5社が結成した「ZigBeeアライアンス」によって策定された。 ZigBeeは、低速な反面、低コスト・低消費電力で、高い信頼性とセキュリティを持つことを特徴とする。 技術的使用はBluetoothと同様のものであるが、高速であるが通信距離の短いBluetoothとZigBeeとでは特性がほとんど逆になっている。 これは、両者を相互補完させることを目的のひとつとして持っているからであるといえる。 ZigBeeは転送速度が遅くてもかまわない家電の遠隔制御などに用いられることが想定されている。 ZigBeeの物理層のインターフェースには世界標準規格であるIEEE 802.15.4が採用され、利用周波数は2.4GHz帯となる。 到達距離は10~70メートルで、データ通信速度は20~250kbpsとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]