編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

iCOMP

用語の解説

iCOMPとは

(アイコンプ,iCOMPインデックス,)
iCOMPとは、Intelが開発し使用していた、CPUの相対的性能を数値情報で示すための指標のことである。
1992年に発表された。 iCOMPでは、CPUの性能を、演算性能、グラフィックス処理といった各要素の計測値から算出する。 マイクロプロセッサの進化に合わせてiCOMPもバージョンアップが行われ、1999年までにバージョン3.0まで発表された。 各バージョンはそれぞれ基準となる製品を持っており、その基準製品との相対値によって性能が示されるようになっている。 iCOMPはCPU単体の性能を表すことができるが、実際のコンピュータシステムはCPU以外にも多用な要素が入り組んで成り立っているため、実際のコンピュータの性能をiCOMPから単純に導くことも難しい。 iCOMPはもっぱらIntelの製品間における、CPUの高性能化を定量的に示す目的で使用されていたが、2008年現在では指標として利用されることはなくなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]