編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

iPhone 3GS

用語の解説

iPhone 3GSとは

(アイフォーンスリージーエス)
iPhone 3GSとは、Appleが「iPhone 3G」の後継機種として2009年6月に発売した、スマートフォンの名称である。
iPhone 3GSは、従来のiPhone 3Gと比べて、処理速度の大幅な向上、バッテリーの長寿命化、記憶容量の大容量化などが図られている。 また、ボイスコントロール機能やデジタルコンパス機能などが搭載され、OSもiPhone OS 3.0へとバージョンアップされている。 デジタルカメラは300万画素(3メガピクセル)の動画撮影対応カメラで、オートフォーカス、自動露出、および、タッチパネルに触れることでピントや露出の対象を指定できる「タップ・トゥ・フォーカス」などの機能を搭載している。 撮影した動画はiPhone 3GS上で編集でき、電子メールなどに添付したり、YouTubeやMobileMeに直接アップロードしたりできる。 また、iPhone 3GSでは、GPS機能を利用した「デジタルコンパス」アプリケーションが搭載されている。 このデジタルコンパスは地図機能と連動し、ユーザーの進行方向に合わせて自動的に向きを変える。 iPhone OS 3.0では複数のアプリケーションでテキストやイメージをカット&ペースト、コピー&ペーストできるようになっている他、Spotlight検索による複数のアプリケーションの一括検索、ペアレンタルコントロール、音声読み上げ機能など複数の機能が追加されている。 iPhone 3GSは、米国やイギリスなどでは2009年6月19日、日本やオーストラリアなどでは6月26日に販売が開始された。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]