編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

miniSD

用語の解説

miniSDとは

(miniSD)

 2003年にSanDisk社が発表したメモリカードの規格で、同社などが開発したSDメモリーカードのサイズを縮小したもの。

主な用途として携帯電話のメモリカードとしての利用を見込んでいる。

 サイズは縦21.5mm×横20mm×厚さ1.4mmで、重量は約1g。 発表時において世界最小というサイズが特徴で、それまでのSDメモリーカードと比べて面積で40%減、容積で60%減、重量で50%減となっている。

 コントローラICや動作電圧、データ転送速度などは従来のSDカードと同じだが、ライトプロテクトスイッチは面積の問題で実装されていない。 従来のSDカードスロットでminiSDを利用するためのSDカードアダプタが用意され、これにライトプロテクトスイッチが実装されている。 また、将来の拡張性を考慮してインターフェースピンが2本追加され、11本になっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]