編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

pn接合

用語の解説

pn接合とは

(pnセツゴウ)

 p型半導体とn型半導体を接合したもの、または接合点のこと。

 半導体は、高純度のシリコン(ケイ素:Si)の中に、ごくわずかに不純物を混ぜて作られる。 ケイ素より価電子数の一つ多いヒ素(As)を混ぜると、結晶中に原子同士の結合に使われず余った電子が生まれ、これが電気伝導に寄与する。 この場合、負の電荷を持つ電子が伝導を担う「キャリア」となるので「ネガティブ(負)」の頭文字から「n型半導体」と呼ばれる。

 また、ケイ素より価電子数の少ない3価元素のホウ素(B)を加えた場合は、結晶内に電子の欠落した部分ができ、あたかも正(ポジティブ)の電荷を持った粒子のように振舞う「ホール」がキャリアとなる。 これをp型半導体と言う。

 これらを接合したものがpn接合であるが、接合面付近にはお互いのキャリアが静電気力で引き合い、電位差が生じる。 これにより、一方向にのみ電気を通しやすい特性が生まれ、これがダイオードなどの整流素子に利用される。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]